妹妹日我大鸡巴

智能ネット|無人化の推進

2022-05-12 16:10:39

自動車部品のロジスティクスには、外部ロジスティクスと内部ロジスティクスが含まれます。前者は、サプライヤが倉庫に資材を輸送するプロセスを指し、後者は、倉庫内の資材をラインに配送するフロープロセスを指し、通常、荷降ろし、受け取り、保管をカバーします。対照的に、保管、資材準備、流通、ライン管理、およびその他のリンクは、内部ロジスティクスの難しさと複雑さを増しています。自動車部品の内部ロジスティクスにおける主な問題は、高コスト、迅速な変更、および管理の難しさです。

近年、自動車に対する消費者の需要が高まり、自動車業界の競争は激化し、利益は縮小し、自動車メーカーはコスト削減と効率改善への要求が高まっています。これらのプレッシャーがスペアパーツの内部ロジスティクスに伝達すると、従来のロジスティクスシステムに新たな課題が生じます。同時に、コロナの状況では、自動車業界はコロナ対策と高生産のバランスをとる必要があります。内部ロジスティクスのあらゆる面で無人化及びインテリジェント化は、最適なソリューションであり、差し迫っています。

現在、自動車部品の内部ロジスティクスのあらゆる面で、手間がかかり、作業効率や精度が低い手動操作方法が数多く存在します。ピッキングを例にとると、中国で一般的に使用されている「商品を探す人々」モードでは、労働者は工場内を歩き回り、材料を見つけ、注文データを手動で確認するために、テープやコードスキャンガンなどの機器を持ち歩きする必要があります。特に多くの外国企業にとって、SKUタイプが細かく分割されているため、従来のモデルを維持することはより困難です。